第26回衛星設計コンテストの選考通過しました!

こんにちは!SEDS Waseda代表のTakahito Motokiです.

 

今回, SEDS Wasedaの2人のメンバー(Takahito Motoki, Yudai Hamashima)はSEDS UTokyoのメンバーと共に

 

第26回衛星設計コンテストに参加し, 無事選考を通過することができました!

 

衛星設計コンテストというのは, 全国の大学, 大学院, 専門高校の学生を対象とし, 宇宙関連技術に参画する若い世代を増やすために開かれるコンテストで, 今年で26回目となる大きなコンテストです.

 

オフィシャルページはこちらをご覧ください!

http://www.satcon.jp/

 

いくつか部門があるのですが, アイディア部門に応募しました.

 

私たちのミッションの名前は

Tanabata」(七夕)

というもので,

Orihime」と「Hikoboshi」の2つの衛星を使って, 無線電力伝送技術(Wireless Power Transmission)の実証実験を宇宙空間で行う

という内容です.

 

せっかくなので, 私が担当したうちの1つ, 衛星の推進系の設計を簡単に説明したいと思います.

 

衛星の推進系の設計では, LEO(Low Earth Orbit)上で衛星はどういう影響を受けてエネルギーを失うのかを考え計算を行い, 「空気抵抗」が支配的な要因になることがわかったので,

 

一年間でどれだけのエネルギーを推進系で補うことができれば良いかを計算しました.

 

以下が計算に用いたノートの一部です(汚いので恥ずかしいですが笑)

 

 

まとめると, (当たり前なのですが)衛星の設計って地上-衛星間通信, 熱制御, 姿勢制御など本当にいろんな分野から成り立っていて,

 

自分の専門に近い話も, 自分が全く触れたことのなかった分野も, そしてチームで設計をするってどういうことなのかなど

 

いろんなことを一度に体験できたので本当に良い経験になりました!!

 

最終発表が10月下旬に福岡であるので, 頑張ってきます!

 

文責: Takahito Motoki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です